12か月 ago
7 Views
a flood of circle はコメントを受け付けていません。

a flood of circle

Written by

結成10周年を迎え、アグレッシブに転がり続けるThe Rock’n Roll Band! 
Listen to the “Black Eye Blues”

ここに注目!
魂が破裂するかのような強烈なヴォーカル佐々木の声が、倍音を響かせながら個性的なリリックを聴く者の心に文字通り刻みつける。
胸に響くキャッチーで疾走感溢れるメロディラインを、エネルギッシュでタイトなリズムを打ち込む渡邊のドラムが支える。
正確無比ながら、比類なき自由さと存在感を持ったHISAYOのベースが歪みながら空間を震わせる。
様々な紆余曲折を経ながらも、10周年というひとつの節目を迎えつつ、なお大きく飛躍し続ける、今の日本で最も見ておくべきロックンロールバンドのひとつ。
ステージから迸るエネルギーの奔流に全身の細胞がさらわれ、ロックンロールの荒波に魂がもまれる彼らのエモーショナルなLiveは是非体験すべき!現在、絶賛ワンマンツアー中!(汁マガ編集部)

 

 

+Member:佐々木亮介(Vo&Gt)、渡邊一丘(Dr)、HISAYO(Ba)

(左から)HISAYO、佐々木亮介、渡邊一丘

(左から)HISAYO、佐々木亮介、渡邊一丘

「a flood of circle THE BLUE 展」より

「a flood of circle THE BLUE 展」より

+Biography:
2006年結成。 ブルース、ロックンロールをベースにしたサウンドとメロディ、そして佐々木亮介の強烈な個性を持った声が話題となる。
2007年、初音源となるミニ・アルバム『a flood of circle』をCRUXレーベルからリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL’07にも参加。2009年にはファースト・アルバム『BUFFARO SOUL』でビクター・スピードスターからメジャー・デビューを果たす。 
2010年、HISAYO(Ba)が加入。
2012年にはレーベルをテイチク・エンタテイメントに移籍し、ミニ・アルバム『FUCK FOREVER』をリリース。さらにアルバム『I’M FREE』を発表後、47全都道府県を廻るツアーを敢行し、ファイナルは日比谷野外音楽堂で迎えた。 その後も、サッカー2014・FIFAワールドカップをモチーフにした朝日新聞CM「サムライに告ぐ」篇に新曲「GO」が使用されるなど大きな話題を呼び、より強固な意識を持ったバンドは2014年、6枚目となるアルバム『GOLDEN TIME』を完成させ、そのツアーファイナルを六本木EX THEATERで締めくくった。 
2015年、走り続けるバンドの覚悟を刻んだ6曲を収録したアルバム『ベストライド』をリリース。
同年秋には佐々木亮介の29年間の生き様を綴った楽曲『花』をリリース。
そしてバンド結成10周年を迎える2016年、ベストアルバム『10th Anniversary BEST ALBUM “THE BLUE”ーAFOC 2006-2015ー』のリリース、自身初となる海外ツアー「THE BLUE TOUR in LONDON -青く塗れ!倫敦編-」の開催、ベストアルバムリリースツアーとして国内では2年ぶりのワンマンツアー「THE BLUE TOUR -青く塗れ!-」の開催と、アニバーサリーイヤーを飾るビッグイベントが続々と決定!

10周年を迎えたロックンロールバンドは、さらなる高みへと転がり続けていく。

+Live:

a flood of circle ワンマンツアー
”NEW TRIBE-新・民族大移動-”-2017-
5/14(日)四日市CLUB CHAOS
5/19(金)高松DIME
5/20(土)松山SALONKITTY
5/26(金)広島SECOND CRUTCH
5/28(日)岡山PEPPERLAND
6/2(金)大阪AKASO
6/4(日)福岡CB
6/9(金)名古屋BOTTOM LINE
6/11(日)東京Zepp DiverCity Tokyo -FINAL-

”NEW TRIBE-新・民族大移動-”〜Extra Tour
6/17(土)沖縄Output
6/18(日)沖縄Output

※全公演前売り¥3,500

[チケット先行情報]①ファンクラブ先行
受付期間:2016年12月6日(火)12:00 〜 12月11日(日)23:59(抽選方式)
[Black Magic Fun Club]※スマホのみ対応

Tour Info: VINTAGE ROCK std. 03-3770-6900[平日12:00-17:00]

*Liveの詳細はOfficial Site

+Agency:Teichiku Entertainment

+Link:Official Site Official Twitter   Official Facebook

Article Categories:
Music

Comments are closed.

Menu