1年 ago
5 Views
月刊住職 はコメントを受け付けていません。

月刊住職

Written by

すべての住職・寺族の新しい実用実務情報誌

すべての仏教寺院の住職・寺族ならびに全国の全仏教宗派関係者等に欠かせない実務情報を提供します。内容は寺院運営、寺院生活、のみならず寺檀興隆にもすぐに役立つ実用実務の具体的な情報提供。

ここに注目!>>『檀家の死を予見できるか』『衝撃のスクープ!開運詐欺に複数の伝統仏教寺院や住職が加担しているのは本当か!?』や尼僧バー取材等、“攻めの”特集記事が光る、知る人ぞ知る専門誌。寺院関係者でなくても、ためになります!(汁マガ編集部)

≪2017年2月号≫
[今月号の特集]

後見人制度を謀り高齢檀家の財産を奪った住職の手口と裁判の判決
判断能力の低下などで財産管理に不安を持つ人をサポートする成年後見制度。住職も知っておくべき制度だが、これをちらつかせながら長野県の浄土真宗本願寺派寺院の住職が高齢檀家の土地や財産を奪ったとんでもない事件があった。裁判で明らかになった住職の手口、そして司法の判決とは。

ITベンチャー企業にお寺が狙われている!?
「檀家管理システムを開発する」といわれ、IT企業にお寺が約800万円を送金したのに、企業は一切何も開発することなく消えた。高齢住職のお寺がIT企業に狙われる数多の被害実態がある。

高齢檀家も寺族も使いやすくなるお寺のリフォーム。その成功の秘訣
高齢社会や生活環境の変化の中、これまでのお寺の設備では追いつかないところがある。大改修とまではいかずとも、お寺の中で日常感じる不便な点をリフォームしたいと思うご住職は少なくないだろう。限られた予算で、リフォームに踏み切ったお寺はどこを優先し、成功したのか。6カ寺の実例を紹介しよう。

ほか

+Company:興山舎

+Price(before tax):1,300円

+Interval:月刊

+Release date:毎月1日

+Link:興山舎

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu