1年 ago
5 Views
月刊住職 はコメントを受け付けていません。

月刊住職

Written by

すべての住職・寺族の新しい実用実務情報誌

すべての仏教寺院の住職・寺族ならびに全国の全仏教宗派関係者等に欠かせない実務情報を提供します。内容は寺院運営、寺院生活、のみならず寺檀興隆にもすぐに役立つ実用実務の具体的な情報提供。

ここに注目!>>『檀家の死を予見できるか』『衝撃のスクープ!開運詐欺に複数の伝統仏教寺院や住職が加担しているのは本当か!?』や尼僧バー取材等、“攻めの”特集記事が光る、知る人ぞ知る専門誌。寺院関係者でなくても、ためになります!(汁マガ編集部)

≪2017年5月号≫
[今月号の特集]

国定公園内のお寺が所有山林を違法開発して問われるのは住職剥職だけでいいのか
2月6日、大村秀章・愛知県知事が会見を開き、老住職を言葉激しく糾弾、さらに宗派にもひどい讒言が如きを弄した。発端は、寺領すべてが愛知高原国定公園内に含まれる寺院住職が違法に山林を開発したことによる。臨済宗妙心寺派はすぐさま同住職の剥職処分を決めたが、問題はお寺だけか。本誌の取材で行政自身にも責任があることが分かった!

第12回本誌「住職関心事アンケート」結果(1)
2017年「住職関心事アンケート」の結果をご報告しよう。今回は「お寺も週1日は休むべきだという意見に賛成ですか? 反対ですか?」「住職の定年制に賛成ですか? 反対ですか?」の2問。各寺の状況を踏まえた貴重な意見が寄せられた。

新連載 新米住職のワーキングプア記〔1〕
「『俺たちの布施で寺は食えているんだ』と檀家に言われたら」…水月昭道(浄土真宗本願寺派住職)
福岡県の浄土真宗本願寺派寺院に生まれ、大学で人間環境学を学ぶなど学究生活にあった筆者が50歳を前に住職に就いた。そこで見えてきたものは何か。

ほか

+Company:興山舎

+Price(before tax):1,300円

+Interval:月刊

+Release date:毎月1日

+Link:興山舎

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu