2年 ago
30 Views
劇団鋼鉄村松 はコメントを受け付けていません。

劇団鋼鉄村松

Written by

鋼鉄村松2

掲載用1

+Member:ボス村松、バブルムラマツ、ムラマツベス、村松かずお、サラリーマン村松、
キラー村松Jr.、松井さん、ムラマツママンスキー、村松中華丼、ムラマティ、ニュームラマツ、グレートニュームラマツ、レディムラマツを探して

+Profile:筑波大学の劇団、筑波小劇場の先輩後輩である、ボス村松とバブルムラマツが、1994年 スーパー暗黒ケツズモウGPX’ IN モナコ で劇団を旗揚げ。
茨城コブラ団との10年に渡る抗争の末、敗北。東京に移転。以来、弱肉強食のコンクリ ートジャングルで、出会いと別れを繰り返し、2015年現在、未だ生きている。
つまりは、強者だ。
当劇団共演がきっかけで、結婚に至ったカップルが3組いるのが自慢の種。大人の社交場としての小劇場。
2015年夏、黄金のコメディフェスティバル参戦予定。
代表作は「ロケット・マン」「キャベティーナ」など。
ロケット・マンは、ロリコンの宇宙飛行士が宇宙に出て返ってくると、ウラシマ効果で彼女が大人になっていたことから始まる英雄譚。
キャベティーナは、架空の祝祭、所沢のキャベツ投げ祭り「キャベティーナ」を舞台にした所沢市民の悲喜こもごも。
劇団鋼鉄村松には二人の劇作家がいて、それがボス村松とバブルムラマツ。
ロケット・マンはバブルムラマツの作。
キャベティーナはボス村松の作。
かわい くてヘンテコなものを作ろうとするのがボス村松。
カッコよくて面白いものを作ろうとするのがバブルムラマツ。
評判がいいのはバブルムラマツ。
評判は2、3歩譲るもののハマれば響きが深いのがボス村松。
というふうに住み分けがされているとして、仲良くやってます。
共通するのは、話がデカイ。情報量が多い。笑いは狙っていきます。案外ホロリとさせます。
そんな感じであります

+Agency:officeiron

+Advance Billing:
2017年6月
「ボス村松の竜退治」
作演出ボス村松

@江古田兎亭
前売り当日1000円

あらすじ

遍歴の騎士カキウチ卿が、おそろしい四つ首の竜、クアトロホルマルジーを退治する。

運命に縛られたお姫様は解き放たれる。

お姫様のナポリ王国までは救う気なし。

四つ首の竜の、ひとつひとつが、ムラマツのあいうえお作文になっている。

一つ首、ムの首はムラムラの首。

二つ首、ラの首はラジコンの首。

三つ首、マの首はマキャベリの君主論の首。

四つ首、ツの首は罪の首。

そんなヘンテコが、面白そうでしょ?

2017年6月
3日(土)  19:30
8日(木)   19:30
11日(日) 12:00 16:00
14日(水) 19:30
18日(日) 12:00 16:00
20日(火) 19:30
24日(土) 12:00 16:00
26日(月) 19:30
30日(金) 19:30

090-3912-3174(池森)

2017.4.1 チケット発売
携帯からの予約はこちらをクリック! 

+Link:劇団公式HP

Article Categories:
Stage

Comments are closed.

Menu