2年 ago
3 Views
JAPAN MISO PRESS はコメントを受け付けていません。

JAPAN MISO PRESS

Written by

キレイ&元気をめざす女子必見!
味噌」を次世代へ、世界へ発信する唯一の味噌専門紙

味噌が大好きなママ未満のチーム「ミソガール」が発信する、日本で唯一の味噌専門紙。味噌汁こそ、日本人のソウルフード。1300年以上も、日本人の健康を支え人々に愛されてきました。最近では、がん予防や美肌、ダイエット効果など、さまざまな機能性が注目され、海外セレブやシェフたちにも大人気の味噌MISO。おいしくて万能な味噌を取り入れたら、きっと毎日が変わるはず。今日から楽しめる味噌活情報が盛りだくさんの新聞です。

Vol.39(2017年4月30日発売)
【特集】カレーにみそはテッパンです。
カレーにみそのスパイスを

カレーは、日本人にはなくてはならない料理の一つ。スーパーの棚を見れば一目瞭然、昔ながらのロングセラー商品をはじめ、カレーらしからぬ、斬新な素材を使った色とりどりのカレーがずらりと並ぶ。ある統計によると、日本人は10日に1回はカレーを食べていて、みそ汁同様、カレーが嫌いな人はあまり聞いたことがない。
日本だけでなく、アジア、アメリカ、ヨーロッパ…、もはやカレーを食べない国はない。見た目も、日本のカレーライスのようなものだけでなく、緑やオレンジ、甘い、辛い、酸っぱい、ドライ、スープ…と驚くほど多くの種類がある。
なぜそんなにも、カレーは愛されているのか。そのカレーが、「みそ」でさらにさらにおいしくなることを、世界中の人々に知ってもらえたら…。 みそを入れるとおいしい理由は、複雑な風味で食材の味をまとめる力。
ただおいしい、そんな簡単なものではなかった。
調べていくうちに、みるみる共通点が浮かび上がってきた。カレーとみそは、想像以上に深く、通じるものがあった。

・天然糀菌が地域をつなげる
「米の花を紡ぐ物語」
静岡県立藤枝北高等学校 西尾眞一教諭

・江戸の粋な漁師グルメ「深川めし」

・アジア開発銀行(ADB)年次総会
「アジアの未来にみそを」

・和洋中の創作みそ料理
「和バル よしのいえ」

・八丁味噌の新名所オープン!
岡崎カクキュー八丁村

+Company:トランタンネットワーク新聞社

+Price(before tax):500円

+Interval:月刊

+Release date:毎月30日

+Link:トランタンネットワーク新聞社

「JAPAN MISO PRESS」をFujisanで見てみる

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu