2年 ago
27 Views
季刊邪馬台国 はコメントを受け付けていません。

季刊邪馬台国

Written by

日本で唯一邪馬台国専門雑誌!!(安本美典責任編集)

日本で唯一の邪馬台国専門誌として、1979年に創刊いたしました。毎号特集が組まれ、古代研究にかかわる中身の濃い情報がぎっしりと詰まっています。一般の人には接する機会の少ない専門家の論文や、歳月に埋もれてしまった過去の貴重な文献にスポットライトを当てたり、その時々のホットな話題を取り上げて、ニュースフラッシュのコーナーで詳しく解説しています。邪馬台国東遷説をとなえる安本美典の所説にとどまらず、異なる立場からの発言も数多く紹介されていて、古代史の世界全体をみわたすことができます。実証的な精神が貫かれていて、論理的でわかりやすく、古代の日本を、もう一歩深く勉強するのに最適の書です。ご一読をおすすめします。

≪季刊邪馬台国132号≫
■巻頭言 「神宿る島」が語るもの/編集部

■時事古論第5回 
●みかん物語●/安本美典

■総力特集 宗像と古代日本
古代東アジアのなかの宗像/西谷 正

沖ノ島祭祀遺跡からみた三女神伝説と舶載文物/桃﨑祐輔

胸肩君の領域/井浦 一

「神宿る島」沖ノ島と宗像三女神信仰/福嶋真貴子

◎世界遺産登録活動への取組み
世界遺産登録活動とその成果/岡 崇

市民が活かす宗像遺産/白木英敏

沖ノ島体験記/田村志朗

小山田古墳の被葬者をめぐって/小澤 毅

◆好評連載◆
世界遺産巡り
物部氏と尾張氏の系譜
オトナ女子のコラム

□投稿論文
前方後円墳のルーツは三種の神器/髙橋輝好

+Company:梓書院

+Price(before tax):1,350円

+Interval:季刊

+Size:A5

+Release date:1、4、7、10月の24日

+Link:梓書院

「季刊邪馬台国」をFujisanで見てみる 

 

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu