2年 ago
27 Views
演劇ユニットてがみ座 はコメントを受け付けていません。

演劇ユニットてがみ座

Written by

劇作家・長田育恵を主宰として2009 年に旗揚げ公演を上演。
人の生命がきらめく、言葉に本当の意味が宿る瞬間。
「詩(うた)」が立ち上がるその瞬間を捉えたいと願う。

+Member:
長田育恵 (劇作家)
福田温子
箱田暁史
今泉舞
石村みか
岸野健太

+Profile:
劇作家・長田育恵を主宰として2009 年に旗揚げ公演を上演。
2010~2012年にかけて上演した「大正12年の作家」シリーズ三作で、劇団としての初期代表作となる一群を創り上げた。また、2012年1月のシアタートラム(シアタートラム・ネクストジェネレーション選抜公演)での公演以降、これまで公演を行っていた小劇場から、中劇場へと上演活動の場を移行しつつあり、より創造性の高い空間の構築を目指すようになっている。
あわせて公演・脚本への評価も高まり、雑誌への戯曲掲載や、各章へのノミネート(2012年度『青のはて』にて第16回鶴屋南北戯曲賞にノミネート、2013年度『地を渡る舟』にて、第17回鶴屋南北戯曲賞・第58回岸田國士戯曲賞にノミネート)が続いている。少しずつ地方からも注目されるようになり、地方公演の企画も調整中の成長株劇団である。

+Advance Billing:

てがみ座第14回公演
風紋 ~青のはて2017~
2012年上演「青のはて-銀河鉄道前奏曲-」から5年。
彼の地はいつしか「跡地」と呼ばれるようになった。
けれど、そこに吹く風は、絶えず何かを囁き続ける。
5年間の時を呼吸して綴る、もうひとつの「青のはて」。
+Link:演劇ユニットてがみ座公式HP

Article Categories:
Stage

Comments are closed.

Menu