2年 ago
4 Views
月刊おりがみ はコメントを受け付けていません。

月刊おりがみ

Written by

世界にひろがる「おりがみ」情報満載!

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します。
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

≪503号≫
◆特集 たなばた

■季節の窓辺
朝日勇

連載 第11 回 
深夜の七夕見物 Sightseers at midnight
夜明け前に目が覚めました。外はまだ暗いはずなのに明るいのです。急いで庭に出ると、ぎらぎらと光る乗り物が飛び去るところでした。笹飾りに見慣れない短冊がさがっていました。「ミンナ・ナカヨク・ネ」。

■ダブルスターキャップ
川手 章子

背中あわせに星型がくっついていて、キャップのように思われました。15cm角で折ると指人形、24cm角でツリーのトップになります。(作者)

ミニ知識
◇海開き、川開き…「海開き」とは海水浴の解禁日です。地方や年によって日にちは前後しますが、7 月中のところが多いようです。一方、「川開き」は川での夕涼みや舟遊びの開始日となる日です。
◇螢狩り…ホタルは腹端に発光器があり、ルシフェラーゼという発光酵素の働きで夜、青白い光を出します。オスとメスの間の交信のため光ると考えられています。日本には体長1.5cm のゲンジボタル、0.9cm ほどのヘイケボタルなどがいます。「螢狩り」は螢を捕る遊びで、団扇で軽くたたいて落としたり、竿の先に笹の葉を付けたものを振ってからませて捕まえました。

■一枚折りの着物Kimono by a piece of paper by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

この着物は、外国の方といっしょに折り紙をするときのために考えました。襟えりの右前などを気にせず(英語で説明しなくてすむ)折れます。メッセージカードとしても使えます。(作者)

■綴つづれの輪Ring by Mr. Akira KAWAMURA
川村 晟

4色の折り紙でユニット(パーツ)を作り、それで組み上げると、4色の花弁が散るように、花火のような美しい輪となります。4つ目の最後のパーツをつなぐところが少し難しいですが、落ち着いて図に従って組みましょう。(作者)

■ドッキングハートDocking heart by Ms. Noriko NAKADE
中出 典子

一人一人の色が違っても気持ちが通じ合えたら、世界中の皆が仲よくできたら、いいなと思いながらこの作品を折ってみました。ハートの形の上の部分を少しのりづけすることによってしっかりとした形になります。(作者)

ほか

+Company:日本折紙協会

+Price(before tax):786円

+Interval:月刊

+Release date:毎月1日

+Link:日本折紙協会

「月刊おりがみ」をFujisanで見てみる

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu