2年 ago
75 Views
ピヨピヨレボリューション はコメントを受け付けていません。

ピヨピヨレボリューション

Written by

名づけて『ライブstyle演劇』!!

+Member:右手愛美、亜希子、東理紗、maco、あずさ、前園あかり、おかざきめぐみ、匿名○希望

+Profile:2012年から計3回行われた音楽朗読劇、右手愛美プロデュースを前身とし、2015年1月劇団結成。同年4月に旗揚げ公演「土砂降りぶりっこ」を行う。
右手愛美の描くポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。
まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となったエンタテイメントショー!
名づけて『ライブstyle演劇』を、体現する団体である。
ゲームや映画、TVに動画…など、手元で様々なエンターテイメントが繰り広げられる昨今ですが、生には生でしか味わえない独特の空気があり、それは時にひとりの人生を変えるほどの力があると確信しています。
実際に自分で出向いて生の息遣いを感じるライブエンターテイメントが人を元気にする!
下向いてる暇なんかないぜ、みんな!ピヨピヨレボリューションに会いにきて!最高に上がるから!

+Advance Billing:

2017年12か月連続ピヨレボ第6弾
ピヨレボーイズ企画
『妖怪パラダイス』
[脚本・作曲] 右手愛美
[演出] 匿名○希望
[振付] maco

善と悪、〇と×、男と女…じゃあその真ん中は?
白と黒に分けられない、
グレーなものが溢れているこの世界では
「人間」という存在すらも曖昧になり始めていた。
世界に出現した曖昧なものたちは「ナニカ」と呼ばれている。
人は「ナニカ」を恐れ、
悪いことが起きると「ナニカ」のせいにした。

全ては自分が創った世界、
「ナニカ」のせいにするな。

※通常ピヨピヨレボリューションは出演者の9割が女性で構成されるが、
ピヨレボーイズは男性キャストのみで公演を行う

[CAST]maco(ピヨピヨレボリューション)、コロ、鶴岡政希、西村優駿(the pillow talk)、吉村慧一郎(演劇ユニットパラレロニズム)、原田康正(劇団昴)、海老原恒和、倉冨尚人、函波窓(ヒノカサの虜/劇想からまわりえっちゃん)、大平智之(OMEGA CRUE ARTISTS)、堀晃大(チーム・ギンクラ)、久保雄司(K-FARCE)

[日程] 
2017年6月6日(火)~11日(日)

[会場] 
下北沢シアター711

[チケット]●前売チケットの支払い方法は振込のみとなります。
前売券3,000円 ボーイズデイ男性1,000円・女性10,000円
学生2,500円
プレミア券5,000円(最前列確保・おみやげ付)

●当日精算の方は全て当日券扱いとなり、事前に席の確保ができません。
当日券3,500円

[チケット申込] [スタッフ]舞台監督 佐藤秀憲(ステージメイツ)
舞台美術 佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明 富山貴之
音響 高橋秀雄
制作 ピヨピヨレボリューション

+Link:Official Site

Article Categories:
Stage

Comments are closed.

Menu