2年 ago
77 Views
ピヨピヨレボリューション はコメントを受け付けていません。

ピヨピヨレボリューション

Written by

名づけて『ライブstyle演劇』!!

+Member:右手愛美、亜希子、東理紗、maco、あずさ、前園あかり、おかざきめぐみ、匿名○希望

+Profile:2012年から計3回行われた音楽朗読劇、右手愛美プロデュースを前身とし、2015年1月劇団結成。同年4月に旗揚げ公演「土砂降りぶりっこ」を行う。
右手愛美の描くポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。
まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となったエンタテイメントショー!
名づけて『ライブstyle演劇』を、体現する団体である。
ゲームや映画、TVに動画…など、手元で様々なエンターテイメントが繰り広げられる昨今ですが、生には生でしか味わえない独特の空気があり、それは時にひとりの人生を変えるほどの力があると確信しています。
実際に自分で出向いて生の息遣いを感じるライブエンターテイメントが人を元気にする!
下向いてる暇なんかないぜ、みんな!ピヨピヨレボリューションに会いにきて!最高に上がるから!

+Advance Billing:

ピヨピヨレボリューション×激嬢ユニットバス
土砂降りぶりっこ
[脚本・作曲] 右手愛美
[演出] 匿名○希望
[振付] maco

突如現れた巨大な≪砂山≫によって、村に伝染病が流行っている。
こどもから大人になったばかりのピルクはクルトの病を治すため、魔女になりたいと決意するが、
村の嫌われ者である魔女を探すのは一苦労。
この村の長である美女三姉妹は災いの元、砂山を削り取るよう村の大人たちに働きかけるが、
伝染病は一向に良くならない。
美女三姉妹の思惑は…?果たしてピルクは魔女になれるのか…?
魔女vs美女、子供vs大人、自然vs化学…
様々な世界で戦いが起きている今、このファンタジーの中にひとつの答えがあるかもしれない。

[CAST]右手愛美、東理紗、maco、あずさ
(以上、ピヨピヨレボリューション)

有栖川ソワレ、今井和美、今村美乃、 うえのやまさおり(Wキャスト)、関根麻帆、 傳田圭菜、日和佐美香(Wキャスト)、南かおり (以上、激嬢ユニットバス)

六川裕史、永田紗茅、土屋彩夏、早瀬さくら、 鹿島田織恵、石川琴絵(東京ヴォードヴィルショー)、 やないさき(白米少女)、 陽田奈緒(演劇ユニット ルソルナ)、 岸田エリ子(演劇ユニット ルソルナ)、 おかざきめぐみ

[日程] 
2017年4月18日(火)~23日(日)

4/18(火)   19:00
4/19(水) 14:00 19:00
4/20(木)   19:00
4/21(金)   19:00(SP)
4/22(土) 14:00 19:00
4/23日) 11:00 16:00
[会場] 
中野MOMO
住所:東京都中野区中野3-22-8
電話:03-3381-8422

[チケット]※前売チケットの支払い方法は振込のみとなります。
前売券3,800円
プレミア券5,000円(最前列確保・おみやげ付)
学割2,500円
当日券4,300円
特製タンブラー付チケット 全ての券種+1,500円

[チケット申込はこちら] [スタッフ]脚本・作曲 右手愛美
演出 匿名○希望
振付 maco
舞台監督 佐藤秀憲(ステージメイツ) 、水澤桃花(箱馬研究所)
舞台美術 佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明 富山貴之
音響 高橋英雄
編曲 kentaro
歌唱指導・コーラスアレンジ おかざきめぐみ
チラシデザイン・撮影 古田亘(goggle)
撮影衣装 アリス
撮影ヘアメイク 関大輔(株)WiZ 大谷舞
制作 激嬢ユニットバス・ピヨピヨレボリューション

[協力]浅井企画、株式会社ニューウォーカーズ、
株式会社オフィスパレット、avenir、
よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社CES、
株式会社JFCT、M.M.P、東京ヴォードヴィルショー、白米少女、演劇ユニット ルソルナ、gull2

+Link:Official Site

Article Categories:
Stage

Comments are closed.

Menu