2年 ago
25 Views
fragment edge はコメントを受け付けていません。

fragment edge

Written by

にはまらないエンターテイメント集団

stage44662_1

umigamesiryo

fg1

umi1

+Member:淡乃晶 今里秀

+Profile:
2013年4月早稲田大学『劇団てあとろ50’』出身である淡乃晶と今里秀によって結成されたユニット。2014年8月 fragment edge No.1『うみがめくれる』(作/演出:淡乃晶)にて旗揚げを果たした。淡乃の描く少女特有の美しさと儚さ、そして90年代のアニメーションを想起させるようなどこか陰鬱な雰囲気が特徴。淡乃が考案した作品の世界観、企画のコンセプトを今里が実現させるという活動形態を執っている。「関わった全ての人が気持ちよく終えることの出来る作品創り」「本編以外も含めて楽しんでいただく」をモットーに演劇公演の企画、運営を行い、2人が持つ独特の感性を生かした「枠にはまらないエンターテイメント集団」を目指している。

+Advance Billing:
2017.09.02~10
fragment edge No.6
『廃街の紙天使たちへ(仮)』
作・演出:淡乃晶

今よりずっと遠い……はるか未来のことです。

私たちの地球では、温暖化現象による海面上昇の影響で、

陸地は減少し、各地で洪水などの水害が多発しておりました。

街並は面影をなくし、文化は混ざり合い、国境も曖昧になって、事実上、世界は崩壊しました。

そんな混沌とした世界になっても相変わらず人々は暮らし、生き続けています。

『華胥(かしょ)』

かつて東アジアと呼ばれた地域に存在する

その街では、ある少女たちが暮らしておりました。

製紙業を生業とし、時に祈りを捧げ、慎ましく生活する少女たち。

ただ、少女たちは“普通”ではありませんでした。

なぜなら、その背中には、鈍色に光る鋼鉄で出来た羽が生えていたからです。

作り物の羽を背負った少女たちを人々は

『クラフトエンジェル――俗称“紙天使(してんし)”』と呼びました。

「ようこそ。天使の暮らす、この街に。」

Theater:TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9(東京メトロ下落合駅より徒歩1分)

+Link:
HP
MAIL:info.fragmentedge@gmail.com
fragment edge official blog
Article Categories:
Stage

Comments are closed.

Menu