2年 ago
14 Views
[ほろよい手帖]月刊「たる」 はコメントを受け付けていません。

[ほろよい手帖]月刊「たる」

Written by

お酒にまつわるちょっといい話」を提供するお酒の月刊誌

月刊「たる」は、お酒の魅力や楽しさ、読んで美味しい情報をお届けし、豊かなひととき、暮らしを提案する“酒ライフマガジン”です。

≪No.417(2017年6月24日発売)≫
[特集]
「世界のスパークリング!」
キメ細かな泡と爽快な味わい…、
これからの季節にぴったりのスパークリングのお酒。
だからこそ知っておきたい製造方法から、注目の造り手、
またイタリアを代表するスパークリングワインの産地までを現地取材した。
さらに昨今人気急上昇中のスパークリング日本酒にも着目。
お店で集う時も、自宅でのんびり過ごすときも、
そっと添えれば華やかな気持ちにさせてくれること間違いなし! 
今夏はスパークリングのお酒で、爽快な気分になろう!

●表紙絵『うさぎと舞妓』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の
線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、
うさぎが描かれた着物に身を包んだ舞妓さん。夏の暑さを吹き飛ばす涼
しげな色合いが、爽やかな気持ちにさせてくれるイラストです。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「久々の逸品」
□連載
・カクテルNOTE――〈 アークトゥルス〉
〔星空テラス~Cafe&Bar ~〕宇内勝人さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔三田見野屋〕『丹波産純生栗きんとん』
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・関西プラッと便連動企画!
日本酒 蔵元めぐり

□この時期だけしか楽しめない夏の宴
関西屈指のBEER SPOT をPICK UP!
□『ニッカ カフェジン』『 ニッカ カフェウオッカ』
~カフェ式連続式蒸溜器による
プレミアムな国産スピリッツ~
□~世界が認めた最高峰のグレーンウイスキー造り~
富士御殿場蒸溜所ここにあり
□洋酒のプロが造り上げた本格麦焼酎
『ニッカ・ザ・麦焼酎』
□リニューアルを終えた「プリコ垂水」が贈る
百花繚乱、地元発祥のスイーツたち

+Company:たる出版株式会社

+Price(before tax):390円

+Interval:月刊

+Size:B5

+Release date:毎月25日

+Link:たる出版株式会社公式サイト   

「月刊たる」をAmazonで見てみる

「月刊たる」をFujisanで見てみる

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu