5日 ago
3 Views

『富野に訊け!!』2ヵ月連続刊行

Written by

『ガンダム』の生みの親・富野由悠季が迷える若者の悩みに答える!!
〈怒りの赤〉篇は2月21日、〈悟りの青〉篇は3月18日発売

「富野に訊け!!」は総合アニメ雑誌「アニメージュ」の人気連載で、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督が読者の悩みに答える人生相談コラムです。このたび連載15周年を記念して、2010年1月号~2016年12月号の連載80回以上分をまとめて単行本化。スペシャルゲストの悩み相談も加えて、2月・3月と2ヵ月連続で発売します。

2月21日発売の「〈怒りの赤〉篇」では、読者の怒りや富野監督の怒りなど、「怒り」にまつわる問答が繰り広げられます。

どんなジャンルの悩みでも、富野監督が独自のクリエイティブな切り口でズバッと回答。現在75歳の富野監督が、若い読者に真摯に向き合います。

全体の構成は、Part1「自己改革篇」、Part2「友達・人間関係篇」、Part3「進路・将来篇」、Part4「家族篇」、Part5「学校篇」、Part6「アニメの楽しみ方篇」、Part7「ゲスト篇」、Part8「スペシャル対談」の全8章。

Part1 自己改革篇

Part2 友達・人間関係篇

Part5 学校篇

ゲスト篇には、声優の久保田未夢さんとアニメコラムニストの小新井涼さんが登場。そしてスペシャル対談は、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』の荒木哲郎監督からの相談です。荒木監督のお悩みは「演出の仕事をやるために身につけた順応性が演出の仕事にブレーキをかけてしまう」。これに富野監督はどう答えるか!?

Part8 富野由悠季×荒木哲郎対談

続く「〈悟りの青〉篇」は3月18日発売。ゲスト相談者として『ハヤテのごとく!』で知られる漫画家・畑健二郎さんと、アニメイト名物店員の岡ノ部亭真泰さんが登場します。そしてスペシャル対談のお相手は、富野監督をうならせた映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督です。

日本社会が大きく変動し、不安に包まれている現代だからこそ――
「富野の言葉」をあなたの人生の道しるべに!!

著者プロフィール
とみの・よしゆき
1941年11月5日、神奈川県生まれ。アニメーション監督。64年に日本大学芸術学部映画学科卒業。虫プロダクションに入社し、日本初のTVアニメシリーズ『鉄腕アトム』のスタッフとなる。67年に退社後、CMディレクターを経てフリーの演出家に。72年に『海のトリトン』で実質的に初監督となる。79年に『機動戦士ガンダム』の原作・総監督を務め、ガンダムブームを呼び起こす。以後、『伝説巨神イデオン』『聖戦士ダンバイン』ほか多くのオリジナルTVアニメ作品を手掛け、アニメファンのみならず広い分野に影響を与えている。最新作は2014~2015年のTVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』。小説家として、『リーンの翼』『オーラバトラー戦記』なども。

富野に訊け!! 〈怒りの赤〉篇
著・富野由悠季
イラスト・やまむらはじめ

全国書店にて2月21日発売
電子書籍版は、キンドル、楽天kobo、Reader Store/SONY、BookLive、iBookstore他で2月24日より配信開始
四六判ソフトカバー/本文224P/1500円+税
徳間書店
(C)Yoshiyuki Tomino & Others 2017

Article Categories:
Magazine

Comments are closed.

Menu